French Vintage Moleskin Work Jacket

こんにちは!
今回は高円寺店よりモールスキンジャケットのご紹介です!

フランスヴィンテージの中でも特に人気が高く
今回ご紹介するブラックモールスキンジャケットは非常に高く中々見つけるのが難しくなってきています。

古着好きの方ならご存知かもしれませんが、そもそもモールスキンとは何か。

「モグラの毛皮を意味しており文字通り厚くモチっとした肌触りが特徴なコットンでできた素材で
、生地には毛羽に多くの空気を取り込むことができるため保湿性に優れています。

1910年代~1950年代古来まで主にフランスのワークウェアとして使われてきました。
モールスキンは綿を緻密に織り上げるため、大量生産が難しく50年代以降になると
普通のコットン製が増えてきたといわれています。

それでは商品の紹介です!

014.jpg

017_20200713142206221.jpg

022_20200713142208efa.jpg

¥42,800+tax

実寸Lサイズぐらい

襟が少しカーブしているのがフレンチカバーオールの特徴で柔らかい
雰囲気がありフレンチワークらしさが感じれる一着ですね。

↓商品ページはこちら↓
https://smallchange.theshop.jp/items/29889005


↓ONLINE SHOPはこちらから↓
https://smallchange.theshop.jp/