Barbour Jacket

こんにちは!

本日は高円寺店よりBarbourのご紹介です!

Barbourは1894年にスコットランド出身のジョン・バブアーによってイングランド北東部にある港町サウス・シールズで創業

北海の不純な天候で働く港の労働者の為に高品質のワックスドクロスを用いた外套を提供したのが始まりと言われています。
さらに防水や防風、耐久性が非常に高いBarbourは第一次・第二次世界大戦では英国軍に支給され、その後1950年~70年にオイルドコットン製のライダースジャケット「インターナショナル ジャケット」1980年にはブランドを代表する「ビデイル」「ビューフォート」が誕生し狩猟や釣り、乗馬など用いられるようになりました。

質実剛健が尊重される英国でその品質の高さや耐久性が知れ渡り1974年にエジンバラ公,1982年エリザベス女王,1987年チャールズ皇太子からロイヤルワラント(王室御用達)の栄誉を授かります。


それでは商品の紹介です!

1992年 Barbour GAMEFAIR

031.jpg

035.jpg

037.jpg

競馬鑑賞用に作らたモデルで1990年初期のハンドウォーマーポケットなしのタイプは最低限の機能のみでBarbourのトラディショナルモデルの中でも最もシンプルなモデルと言われております。
¥24,800+tax サイズ42 

↓オンラインはこちらから↓
https://smallchange.theshop.jp/items/29850017

1991年 Barbour BEAUFORT

018.jpg

023.jpg

029.jpg

ハンティング用として作られ、仕留めた獲物を入れておけるゲームポッケトや袖口の裏側は開閉可能、
代表銘柄の「ビデイル」と比べると5cmほど長いのが特徴です。
¥29,800+tax サイズ38

↓オンラインはこちらから↓
https://smallchange.theshop.jp/items/29849423
 
店頭はもちろん、オンラインショップも是非ご利用下さい!

コメント

非公開コメント